万葉集2798番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2798番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2798番について

歌番号

2798番

原文

伊勢乃白水郎之|朝魚夕菜尓|潜云|鰒貝之|獨念荷指天

訓読

伊勢の海人の朝な夕なに潜くといふ鰒の貝の片思にして

かな読み

いせのあまの|あさなゆふなに|かづくといふ|あはびのかひの|かたもひにして

カタカナ読み

イセノアマノ|アサナユフナニ|カヅクトイフ|アハビノカヒノ|カタモヒニシテ

ローマ字読み|大文字

ISENOAMANO|ASANAYUFUNANI|KAZUKUTOIFU|AHABINOKAHINO|KATAMOHINISHITE

ローマ字読み|小文字

isenoamano|asanayufunani|kazukutoifu|ahabinokahino|katamohinishite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|三重県|伊勢|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いせのあまの[寛],
あさなゆふなに[寛],
かづくといふ,[寛]かつくてふ,
あはびのかひの,[寛]あはひのかひの,
かたもひにして,[寛]かたおもひにして,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました