万葉集2664番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2664番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2664番について

歌番号

2664番

原文

暮月夜|暁闇夜乃|朝影尓|吾身者成奴|汝乎念金丹

訓読

夕月夜暁闇の朝影に我が身はなりぬ汝を思ひかねに

かな読み

ゆふづくよ|あかときやみの|あさかげに|あがみはなりぬ|なをおもひかねに

カタカナ読み

ユフヅクヨ|アカトキヤミノ|アサカゲニ|アガミハナリヌ|ナヲオモヒカネニ

ローマ字読み|大文字

YUFUZUKUYO|AKATOKIYAMINO|ASAKAGENI|AGAMIHANARINU|NAOMOHIKANENI

ローマ字読み|小文字

yufuzukuyo|akatokiyamino|asakageni|agamihanarinu|naomohikaneni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

丹【古義】(塙)(楓)手

寛永版本

ゆふづくよ,[寛]ゆふつくよ,
あかときやみの,[寛]あかつきやみの,
あさかげに,[寛]あさかけに,
あがみはなりぬ,[寛]わかみはなりぬ,
なをおもひかねに,[寛]なれをおもふかに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました