万葉集2608番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2608番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2608番について

歌番号

2608番

原文

妹之袖|別之日従|白細乃|衣片敷|戀管曽寐留

訓読

妹が袖別れし日より白栲の衣片敷き恋ひつつぞ寝る

かな読み

いもがそで|わかれしひより|しろたへの|ころもかたしき|こひつつぞぬる

カタカナ読み

イモガソデ|ワカレシヒヨリ|シロタヘノ|コロモカタシキ|コヒツツゾヌル

ローマ字読み|大文字

IMOGASODE|WAKARESHIHIYORI|SHIROTAHENO|KOROMOKATASHIKI|KOHITSUTSUZONURU

ローマ字読み|小文字

imogasode|wakareshihiyori|shirotaheno|koromokatashiki|kohitsutsuzonuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

いもがそで,[寛]いもかそて,
わかれしひより[寛],
しろたへの[寛],
ころもかたしき[寛],
こひつつぞぬる,[寛]こひつつそぬる,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました