万葉集2743S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2743S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2743S番について

歌番号

2743異伝歌番

原文

中々尓|君尓不戀波|留<牛馬>浦之|海部尓有益男|珠藻苅<々>

訓読

なかなかに君に恋ひずは縄の浦の海人にあらましを玉藻刈る刈る

かな読み

なかなかに|きみにこひずは|なはのうらの|あまにあらましを|たまもかるかる

カタカナ読み

ナカナカニ|キミニコヒズハ|ナハノウラノ|アマニアラマシヲ|タマモカルカル

ローマ字読み|大文字

NAKANAKANI|KIMINIKOHIZUHA|NAHANORANO|AMANIARAMASHIO|TAMAMOKARUKARU

ローマ字読み|小文字

nakanakani|kiminikohizuha|nahanorano|amaniaramashio|tamamokarukaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|兵庫県|相生市|恋愛|植物|異伝

校異

特に無し

寛永版本

なかなかに[寛],
きみにこひずは,[寛]きみにこひすは,
なはのうらの,[寛]あみのうらの,
あまにあらましを[寛],
たまもかるかる[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました