万葉集2463番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2463番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2463番について

歌番号

2463番

原文

久方|天光月|隠去|何名副|妹偲

訓読

久方の天照る月の隠りなば何になそへて妹を偲はむ

かな読み

ひさかたの|あまてるつきの|かくりなば|なにになそへて|いもをしのはむ

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマテルツキノ|カクリナバ|ナニニナソヘテ|イモヲシノハム

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMATERUTSUKINO|KAKURINABA|NANININASOHETE|IMOSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amaterutsukino|kakurinaba|nanininasohete|imoshinohamu

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまてるつきの[寛],
かくりなば,[寛]かくれなは,
なにになそへて,[寛]なにのそへて,
いもをしのはむ[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました