万葉集2508番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2508番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2508番について

歌番号

2508番

原文

皇祖乃|神御門乎|懼見等|侍従時尓|相流公鴨

訓読

すめろぎの神の御門を畏みとさもらふ時に逢へる君かも

かな読み

すめろぎの|かみのみかどを|かしこみと|さもらふときに|あへるきみかも

カタカナ読み

スメロギノ|カミノミカドヲ|カシコミト|サモラフトキニ|アヘルキミカモ

ローマ字読み|大文字

SUMEROGINO|KAMINOMIKADO|KASHIKOMITO|SAMORAFUTOKINI|AHERUKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

sumerogino|kaminomikado|kashikomito|samorafutokini|aherukimikamo

左注|左註

右二首|以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

非略体|序詞

校異

特に無し

寛永版本

すめろぎの,[寛]すめろきの,
かみのみかどを,[寛]かみのみかとを,
かしこみと[寛],
さもらふときに,[寛]さふらふときに,
あへるきみかも[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました