万葉集2787番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2787番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2787番について

歌番号

2787番

原文

天地之|依相極|玉緒之|不絶常念|妹之當見津

訓読

天地の寄り合ひの極み玉の緒の絶えじと思ふ妹があたり見つ

かな読み

あめつちの|よりあひのきはみ|たまのをの|たえじとおもふ|いもがあたりみつ

カタカナ読み

アメツチノ|ヨリアヒノキハミ|タマノヲノ|タエジトオモフ|イモガアタリミツ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHINO|YORIAHINOKIHAMI|TAMANONO|TAEJITOMOFU|IMOGAATARIMITSU

ローマ字読み|小文字

ametsuchino|yoriahinokihami|tamanono|taejitomofu|imogaatarimitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|羈旅|望郷|喜び|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あめつちの[寛],
よりあひのきはみ,[寛]よりあはむかきり,
たまのをの[寛],
たえじとおもふ,[寛]たえしとおもふ,
いもがあたりみつ,[寛]いもかあたりみつ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました