万葉集2637番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2637番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2637番について

歌番号

2637番

原文

<ら>|鼻乎曽嚏鶴|劔刀|身副妹之|思来下

訓読

うち鼻ひ鼻をぞひつる剣大刀身に添ふ妹し思ひけらしも

かな読み

うちはなひ|はなをぞひつる|つるぎたち|みにそふいもし|おもひけらしも

カタカナ読み

ウチハナヒ|ハナヲゾヒツル|ツルギタチ|ミニソフイモシ|オモヒケラシモ

ローマ字読み|大文字

UCHIHANAHI|HANAOZOHITSURU|TSURUGITACHI|MINISOFUIMOSHI|OMOHIKERASHIMO

ローマ字読み|小文字

uchihanahi|hanaozohitsuru|tsurugitachi|minisofuimoshi|omohikerashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛

校異

晒->ら【古】

寛永版本

うちはなひ,[寛]うちなけき,
はなをぞひつる,[寛]をそひつる,
つるぎたち,[寛]つるきたち,
みにそふいもし,[寛]みにそふいもか,
おもひけらしも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました