万葉集2730番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2730番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2730番について

歌番号

2730番

原文

木海之|名高之浦尓|依浪|音高鳧|不相子故尓

訓読

紀の海の名高の浦に寄する波音高きかも逢はぬ子ゆゑに

かな読み

きのうみの|なたかのうらに|よするなみ|おとだかきかも|あはぬこゆゑに

カタカナ読み

キノウミノ|ナタカノウラニ|ヨスルナミ|オトダカキカモ|アハヌコユヱニ

ローマ字読み|大文字

KINOMINO|NATAKANORANI|YOSURUNAMI|OTODAKAKIKAMO|AHANUKOYUENI

ローマ字読み|小文字

kinomino|natakanorani|yosurunami|otodakakikamo|ahanukoyueni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|和歌山県|海南市|序詞|尫柜蹋|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

きのうみの[寛],
なたかのうらに[寛],
よするなみ,[寛]よるなみの,
おとだかきかも,[寛]おとたかしかも,
あはぬこゆゑに,[寛]あはぬこゆへに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました