万葉集2455番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2455番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2455番について

歌番号

2455番

原文

我故|所云妹|高山之|峯朝霧|過兼鴨

訓読

我がゆゑに言はれし妹は高山の嶺の朝霧過ぎにけむかも

かな読み

わがゆゑに|いはれしいもは|たかやまの|みねのあさぎり|すぎにけむかも

カタカナ読み

ワガユヱニ|イハレシイモハ|タカヤマノ|ミネノアサギリ|スギニケムカモ

ローマ字読み|大文字

WAGAYUENI|IHARESHIIMOHA|TAKAYAMANO|MINENOASAGIRI|SUGINIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagayueni|ihareshiimoha|takayamano|minenoasagiri|suginikemukamo

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

わがゆゑに,[寛]わかゆゑに,
いはれしいもは[寛],
たかやまの[寛],
みねのあさぎり,[寛]みねのあさきり,
すぎにけむかも,[寛]すきにけむかも,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました