万葉集2716番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2716番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2716番について

歌番号

2716番

原文

自高山|出来水|石觸|破衣念|妹不相夕者

訓読

高山ゆ出で来る水の岩に触れ砕けてぞ思ふ妹に逢はぬ夜は

かな読み

たかやまゆ|いでくるみづの|いはにふれ|くだけてぞおもふ|いもにあはぬよは

カタカナ読み

タカヤマユ|イデクルミヅノ|イハニフレ|クダケテゾオモフ|イモニアハヌヨハ

ローマ字読み|大文字

TAKAYAMAYU|IDEKURUMIZUNO|IHANIFURE|KUDAKETEZOMOFU|IMONIAHANUYOHA

ローマ字読み|小文字

takayamayu|idekurumizuno|ihanifure|kudaketezomofu|imoniahanuyoha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

たかやまゆ,[寛]たかねより,
いでくるみづの,[寛]いてくるみつの,
いはにふれ[寛],
くだけてぞおもふ,[寛]われてそおもふ,
いもにあはぬよは[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました