万葉集2679番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2679番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2679番について

歌番号

2679番

原文

窓超尓|月臨照而|足桧乃|下風吹夜者|公乎之其念

訓読

窓越しに月おし照りてあしひきのあらし吹く夜は君をしぞ思ふ

かな読み

まどごしに|つきおしてりて|あしひきの|あらしふくよは|きみをしぞおもふ

カタカナ読み

マドゴシニ|ツキオシテリテ|アシヒキノ|アラシフクヨハ|キミヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

MADOGOSHINI|TSUKIOSHITERITE|ASHIHIKINO|ARASHIFUKUYOHA|KIMIOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

madogoshini|tsukioshiterite|ashihikino|arashifukuyoha|kimioshizomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

まどごしに,[寛]まとこしに,
つきおしてりて,[寛]つきさしいりて,
あしひきの[寛],
あらしふくよは[寛],
きみをしぞおもふ,[寛]きみをしそおもふ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました