万葉集2446番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2446番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2446番について

歌番号

2446番

原文

白玉|纒持|従今|吾玉為|知時谷

訓読

白玉を巻きてぞ持てる今よりは我が玉にせむ知れる時だに

かな読み

しらたまを|まきてぞもてる|いまよりは|わがたまにせむ|しれるときだに

カタカナ読み

シラタマヲ|マキテゾモテル|イマヨリハ|ワガタマニセム|シレルトキダニ

ローマ字読み|大文字

SHIRATAMAO|MAKITEZOMOTERU|IMAYORIHA|WAGATAMANISEMU|SHIRERUTOKIDANI

ローマ字読み|小文字

shiratamao|makitezomoteru|imayoriha|wagatamanisemu|shirerutokidani

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|比喩|恋情

校異

特に無し

寛永版本

しらたまを[寛],
まきてぞもてる,[寛]まきてもたれは,
いまよりは[寛],
わがたまにせむ,[寛]わかたまにせむ,
しれるときだに,[寛]しるときたにも,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました