万葉集2717番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2717番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2717番について

歌番号

2717番

原文

朝東風尓|井<堤超>浪之|世<染>似裳|不相鬼故|瀧毛響動二

訓読

朝東風にゐで越す波の外目にも逢はぬものゆゑ瀧もとどろに

かな読み

あさごちに|ゐでこすなみの|よそめにも|あはぬものゆゑ|たきもとどろに

カタカナ読み

アサゴチニ|ヰデコスナミノ|ヨソメニモ|アハヌモノユヱ|タキモトドロニ

ローマ字読み|大文字

ASAGOCHINI|IDEKOSUNAMINO|YOSOMENIMO|AHANUMONOYUE|TAKIMOTODORONI

ローマ字読み|小文字

asagochini|idekosunamino|yosomenimo|ahanumonoyue|takimotodoroni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|序詞|尫柜蹋

校異

提越->堤超【類】|蝶->染【万葉考】

寛永版本

あさごちに,[寛]あさこちに,
ゐでこすなみの,[寛]ゐてこすなみの,
よそめにも,[寛]せてうにも,
あはぬものゆゑ[寛],
たきもとどろに,[寛]たきもととろに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました