万葉集2802番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2802番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2802番について

歌番号

2802番

原文

念友|念毛金津|足桧之|山鳥尾之|永此夜乎

訓読

思へども思ひもかねつあしひきの山鳥の尾の長きこの夜を

かな読み

おもへども|おもひもかねつ|あしひきの|やまどりのをの|ながきこのよを

カタカナ読み

オモヘドモ|オモヒモカネツ|アシヒキノ|ヤマドリノヲノ|ナガキコノヨヲ

ローマ字読み|大文字

OMOHEDOMO|OMOHIMOKANETSU|ASHIHIKINO|YAMADORINONO|NAGAKIKONOYO

ローマ字読み|小文字

omohedomo|omohimokanetsu|ashihikino|yamadorinono|nagakikonoyo

左注|左註

或本歌<曰>|足日木乃|山鳥之尾乃|四垂尾乃|長永夜乎|一鴨将宿

事項|分類・ジャンル

枕詞|動物|恋情|序詞|鳥

校異

云->曰【嘉】【類】【紀】

寛永版本

おもへども,[寛]おもへとも,
おもひもかねつ[寛],
あしひきの[寛],
やまどりのをの,[寛]やまとりのをの,
ながきこのよを,[寛]なかきこのよを,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました