万葉集2708番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2708番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2708番について

歌番号

2708番

原文

四長鳥|居名山響尓|行水乃|名耳所縁之|内妻波母|[一云|名<耳>所縁而|戀管哉将在]

訓読

しなが鳥猪名山響に行く水の名のみ寄そりし隠り妻はも|[一云|名のみ寄そりて恋ひつつやあらむ]

かな読み

しながどり|ゐなやまとよに|ゆくみづの|なのみよそりし|こもりづまはも|[なのみよそりて|こひつつやあらむ]

カタカナ読み

シナガドリ|ヰナヤマトヨニ|ユクミヅノ|ナノミヨソリシ|コモリヅマハモ|[ナノミヨソリテ|コヒツツヤアラム]

ローマ字読み|大文字

SHINAGADORI|INAYAMATOYONI|YUKUMIZUNO|NANOMIYOSORISHI|KOMORIZUMAHAMO|[NANOMIYOSORITE|KOHITSUTSUYAARAMU]

ローマ字読み|小文字

shinagadori|inayamatoyoni|yukumizuno|nanomiyosorishi|komorizumahamo|[nanomiyosorite|kohitsutsuyaaramu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|枕詞|大阪府池田市|序詞|恋情|異伝

校異

耳之->耳【嘉】

寛永版本

しながどり,[寛]しなかとり,
ゐなやまとよに[寛],
ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,
なのみよそりし,[寛]なにのみよせし,
こもりづまはも,[寛]つまはも,
[なのみよそりて,[寛]なのみしよせて,
こひつつやあらむ][寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました