万葉集2667番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2667番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2667番について

歌番号

2667番

原文

真袖持|床打拂|君待跡|居之間尓|月傾

訓読

真袖持ち床うち掃ひ君待つと居りし間に月かたぶきぬ

かな読み

まそでもち|とこうちはらひ|きみまつと|をりしあひだに|つきかたぶきぬ

カタカナ読み

マソデモチ|トコウチハラヒ|キミマツト|ヲリシアヒダニ|ツキカタブキヌ

ローマ字読み|大文字

MASODEMOCHI|TOKOCHIHARAHI|KIMIMATSUTO|ORISHIAHIDANI|TSUKIKATABUKINU

ローマ字読み|小文字

masodemochi|tokochiharahi|kimimatsuto|orishiahidani|tsukikatabukinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛|女歌|怨恨

校異

特に無し

寛永版本

まそでもち,[寛]まそてもて,
とこうちはらひ[寛],
きみまつと[寛],
をりしあひだに,[寛]をりしあひたに,
つきかたぶきぬ,[寛]つきかたふきぬ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました