万葉集2811番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2811番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2811番について

歌番号

2811番

原文

此言乎|聞跡<平>|真十鏡|照月夜裳|闇耳見

訓読

この言を聞かむとならしまそ鏡照れる月夜も闇のみに見つ

かな読み

このことを|きかむとならし|まそかがみ|てれるつくよも|やみのみにみつ

カタカナ読み

コノコトヲ|キカムトナラシ|マソカガミ|テレルツクヨモ|ヤミノミニミツ

ローマ字読み|大文字

KONOKOTO|KIKAMUTONARASHI|MASOKAGAMI|TERERUTSUKUYOMO|YAMINOMINIMITSU

ローマ字読み|小文字

konokoto|kikamutonarashi|masokagami|tererutsukuyomo|yaminominimitsu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

乎->平【万葉集新考】

寛永版本

このことを[寛],
きかむとならし,[寛]きくとにやあらむ,
まそかがみ,[寛]まくかかみ,
てれるつくよも,[寛]てれるつきよも,
やみのみにみつ,[寛]やみにのみみゆ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました