万葉集2703番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2703番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2703番について

歌番号

2703番

原文

真薦苅|大野川原之|水隠|戀来之妹之|紐解吾者

訓読

ま薦刈る大野川原の水隠りに恋ひ来し妹が紐解く我れは

かな読み

まこもかる|おほのがはらの|みごもりに|こひこしいもが|ひもとくわれは

カタカナ読み

マコモカル|オホノガハラノ|ミゴモリニ|コヒコシイモガ|ヒモトクワレハ

ローマ字読み|大文字

MAKOMOKARU|OHONOGAHARANO|MIGOMORINI|KOHIKOSHIIMOGA|HIMOTOKUWAREHA

ローマ字読み|小文字

makomokaru|ohonogaharano|migomorini|kohikoshiimoga|himotokuwareha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|地名|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

まこもかる[寛],
おほのがはらの,[寛]おほのかはらの,
みごもりに,[寛]みこもりに,
こひこしいもが,[寛]こひこしいもか,
ひもとくわれは[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました