万葉集2606番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2606番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2606番について

歌番号

2606番

原文

人目多|常如是耳志|候者|何時|吾不戀将有

訓読

人目多み常かくのみしさもらはばいづれの時か我が恋ひずあらむ

かな読み

ひとめおほみ|つねかくのみし|さもらはば|いづれのときか|あがこひずあらむ

カタカナ読み

ヒトメオホミ|ツネカクノミシ|サモラハバ|イヅレノトキカ|アガコヒズアラム

ローマ字読み|大文字

HITOMEOHOMI|TSUNEKAKUNOMISHI|SAMORAHABA|IZURENOTOKIKA|AGAKOHIZUARAMU

ローマ字読み|小文字

hitomeohomi|tsunekakunomishi|samorahaba|izurenotokika|agakohizuaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

尫柜蹋|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ひとめおほみ[寛],
つねかくのみし[寛],
さもらはば,[寛]またませは,
いづれのときか,[寛]いつれのときか,
あがこひずあらむ,[寛]わかこひさらむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました