万葉集2617番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2617番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2617番について

歌番号

2617番

原文

足日木能|山櫻戸乎|開置而|吾待君乎|誰留流

訓読

あしひきの山桜戸を開け置きて我が待つ君を誰れか留むる

かな読み

あしひきの|やまさくらとを|あけおきて|わがまつきみを|たれかとどむる

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマサクラトヲ|アケオキテ|ワガマツキミヲ|タレカトドムル

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASAKURATO|AKEOKITE|WAGAMATSUKIMIO|TAREKATODOMURU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamasakurato|akeokite|wagamatsukimio|tarekatodomuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|植物|女歌

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまさくらとを[寛],
あけおきて[寛],
わがまつきみを,[寛]わかまつきみを,
たれかとどむる,[寛]たれかととむる,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました