万葉集2398番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2398番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2398番について

歌番号

2398番

原文

<玉>切|及世定|恃|公依|事繁

訓読

たまきはる世までと定め頼みたる君によりてし言の繁けく

かな読み

たまきはる|よまでとさだめ|たのみたる|きみによりてし|ことのしげけく

カタカナ読み

タマキハル|ヨマデトサダメ|タノミタル|キミニヨリテシ|コトノシゲケク

ローマ字読み|大文字

TAMAKIHARU|YOMADETOSADAME|TANOMITARU|KIMINIYORITESHI|KOTONOSHIGEKEKU

ローマ字読み|小文字

tamakiharu|yomadetosadame|tanomitaru|kiminiyoriteshi|kotonoshigekeku

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|枕詞|尫柜蹋

校異

年->玉【万葉集略解】

寛永版本

たまきはる,[寛]としきはる,
よまでとさだめ,[寛]よまてさためて,
たのみたる,[寛]たのめぬる,
きみによりてし,[寛]きみによりても,
ことのしげけく,[寛]ことのしけけむ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました