万葉集2453番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2453番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2453番について

歌番号

2453番

原文

春楊|葛山|發雲|立座|妹念

訓読

春柳葛城山に立つ雲の立ちても居ても妹をしぞ思ふ

かな読み

はるやなぎ|かづらきやまに|たつくもの|たちてもゐても|いもをしぞおもふ

カタカナ読み

ハルヤナギ|カヅラキヤマニ|タツクモノ|タチテモヰテモ|イモヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

HARUYANAGI|KAZURAKIYAMANI|TATSUKUMONO|TACHITEMOITEMO|IMOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

haruyanagi|kazurakiyamani|tatsukumono|tachitemoitemo|imoshizomofu

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情|序詞|奈良|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

はるやなぎ,[寛]はるやなき,
かづらきやまに,[寛]かつらきやまに,
たつくもの[寛],
たちてもゐても[寛],
いもをしぞおもふ,[寛]いもをしそおもふ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました