万葉集2678番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2678番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2678番について

歌番号

2678番

原文

級子八師|不吹風故|玉匣|開而左宿之|吾其悔寸

訓読

はしきやし吹かぬ風ゆゑ玉櫛笥開けてさ寝にし我れぞ悔しき

かな読み

はしきやし|ふかぬかぜゆゑ|たまくしげ|あけてさねにし|あれぞくやしき

カタカナ読み

ハシキヤシ|フカヌカゼユヱ|タマクシゲ|アケテサネニシ|アレゾクヤシキ

ローマ字読み|大文字

HASHIKIYASHI|FUKANUKAZEYUE|TAMAKUSHIGE|AKETESANENISHI|AREZOKUYASHIKI

ローマ字読み|小文字

hashikiyashi|fukanukazeyue|tamakushige|aketesanenishi|arezokuyashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|女歌|怨恨

校異

子【万葉考】(塙)(楓)寸

寛永版本

はしきやし,[寛]よしゑやし,
ふかぬかぜゆゑ,[寛]ふかぬかせゆゑ,
たまくしげ,[寛]たまくしけ,
あけてさねにし[寛],
あれぞくやしき,[寛]われつくやしき,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました