万葉集2686番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2686番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2686番について

歌番号

2686番

原文

夜占問|吾袖尓置|<白>露乎|於公令視跡|取者<消>管

訓読

夕占問ふ我が袖に置く白露を君に見せむと取れば消につつ

かな読み

ゆふけとふ|わがそでにおく|しらつゆを|きみにみせむと|とればけにつつ

カタカナ読み

ユフケトフ|ワガソデニオク|シラツユヲ|キミニミセムト|トレバケニツツ

ローマ字読み|大文字

YUFUKETOFU|WAGASODENIOKU|SHIRATSUYUO|KIMINIMISEMUTO|TOREBAKENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

yufuketofu|wagasodenioku|shiratsuyuo|kiminimisemuto|torebakenitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌

校異

->白【嘉】【細】|清->消【西(訂正右書)】【嘉】【文】【紀】

寛永版本

ゆふけとふ[寛],
わがそでにおく,[寛]わかころもてに,
しらつゆを,[寛]おくつゆを,
きみにみせむと[寛],
とればけにつつ,[寛]とれはきえつつ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました