万葉集2803番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2803番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2803番について

歌番号

2803番

原文

里中尓|鳴奈流鶏之|喚立而|甚者不鳴|隠妻羽毛|[一云|里動|鳴成鶏]

訓読

里中に鳴くなる鶏の呼び立てていたくは泣かぬ隠り妻はも|[一云|里響め鳴くなる鶏の]

かな読み

さとなかに|なくなるかけの|よびたてて|いたくはなかぬ|こもりづまはも|[さととよめ|なくなるかけの]

カタカナ読み

サトナカニ|ナクナルカケノ|ヨビタテテ|イタクハナカヌ|コモリヅマハモ|[サトトヨメ|ナクナルカケノ]

ローマ字読み|大文字

SATONAKANI|NAKUNARUKAKENO|YOBITATETE|ITAKUHANAKANU|KOMORIZUMAHAMO|[SATOTOYOME|NAKUNARUKAKENO]

ローマ字読み|小文字

satonakani|nakunarukakeno|yobitatete|itakuhanakanu|komorizumahamo|[satotoyome|nakunarukakeno]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|序詞|異伝|恋情|鳥

校異

特に無し

寛永版本

さとなかに[寛],
なくなるかけの[寛],
よびたてて,[寛]よひたてて,
いたくはなかぬ,[寛]いたくはなかす,
こもりづまはも,[寛]こもりつまはも,
[さととよめ,[寛]さととよみ,
なくなるかけの],[寛]なくなるかけ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました