万葉集2567番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2567番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2567番について

歌番号

2567番

原文

相見而<者>|戀名草六跡|人者雖云|見後尓曽毛|戀益家類

訓読

相見ては恋慰むと人は言へど見て後にぞも恋まさりける

かな読み

あひみては|こひなぐさむと|ひとはいへど|みてのちにぞも|こひまさりける

カタカナ読み

アヒミテハ|コヒナグサムト|ヒトハイヘド|ミテノチニゾモ|コヒマサリケル

ローマ字読み|大文字

AHIMITEHA|KOHINAGUSAMUTO|HITOHAIHEDO|MITENOCHINIZOMO|KOHIMASARIKERU

ローマ字読み|小文字

ahimiteha|kohinagusamuto|hitohaihedo|mitenochinizomo|kohimasarikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

->者【西(左書)】【嘉】【文】【紀】

寛永版本

あひみては[寛],
こひなぐさむと,[寛]こひなくさむと,
ひとはいへど,[寛]ひとはいへと,
みてのちにぞも,[寛]みてのちにそも,
こひまさりける[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました