万葉集2596番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2596番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2596番について

歌番号

2596番

原文

名草漏|心莫二|如是耳|戀也度|月日殊|[或本歌<曰>|奥津浪|敷而耳八方|戀度奈牟]

訓読

慰もる心はなしにかくのみし恋ひやわたらむ月に日に異に|[或本歌曰|沖つ波しきてのみやも恋ひわたりなむ]

かな読み

なぐさもる|こころはなしに|かくのみし|こひやわたらむ|つきにひにけに|[おきつなみ|しきてのみやも|こひわたりなむ]

カタカナ読み

ナグサモル|ココロハナシニ|カクノミシ|コヒヤワタラム|ツキニヒニケニ|[オキツナミ|シキテノミヤモ|コヒワタリナム]

ローマ字読み|大文字

NAGUSAMORU|KOKOROHANASHINI|KAKUNOMISHI|KOHIYAWATARAMU|TSUKINIHINIKENI|[OKITSUNAMI|SHIKITENOMIYAMO|KOHIWATARINAMU]

ローマ字読み|小文字

nagusamoru|kokorohanashini|kakunomishi|kohiyawataramu|tsukinihinikeni|[okitsunami|shikitenomiyamo|kohiwatarinamu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|異伝

校異

云->曰【嘉】

寛永版本

なぐさもる,[寛]なくさむる,
こころはなしに[寛],
かくのみし,[寛]かくしのみ,
こひやわたらむ[寛],
つきにひにけに[寛],
[おきつなみ[寛],
しきてのみやも[寛],
こひわたりなむ][寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました