万葉集2696番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2696番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2696番について

歌番号

2696番

原文

荒熊之|住云山之|師齒迫山|責而雖問|汝名者不告

訓読

荒熊のすむといふ山の師歯迫山責めて問ふとも汝が名は告らじ

かな読み

あらぐまの|すむといふやまの|しはせやま|せめてとふとも|ながなはのらじ

カタカナ読み

アラグマノ|スムトイフヤマノ|シハセヤマ|セメテトフトモ|ナガナハノラジ

ローマ字読み|大文字

ARAGUMANO|SUMUTOIFUYAMANO|SHIHASEYAMA|SEMETETOFUTOMO|NAGANAHANORAJI

ローマ字読み|小文字

aragumano|sumutoifuyamano|shihaseyama|semetetofutomo|naganahanoraji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|地名|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あらぐまの,[寛]あらくまの,
すむといふやまの[寛],
しはせやま[寛],
せめてとふとも[寛],
ながなはのらじ,[寛]なかなはつけし,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました