万葉集2639番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2639番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2639番について

歌番号

2639番

原文

葛木之|其津彦真弓|荒木尓毛|憑也君之|吾之名告兼

訓読

葛城の襲津彦真弓新木にも頼めや君が我が名告りけむ

かな読み

かづらきの|そつびこまゆみ|あらきにも|たのめやきみが|わがなのりけむ

カタカナ読み

カヅラキノ|ソツビコマユミ|アラキニモ|タノメヤキミガ|ワガナノリケム

ローマ字読み|大文字

KAZURAKINO|SOTSUBIKOMAYUMI|ARAKINIMO|TANOMEYAKIMIGA|WAGANANORIKEMU

ローマ字読み|小文字

kazurakino|sotsubikomayumi|arakinimo|tanomeyakimiga|wagananorikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|女歌|尫柜蹋|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

かづらきの,[寛]かつらきの,
そつびこまゆみ,[寛]そつひこまゆみ,
あらきにも[寛],
たのめやきみが,[寛]たのめやきみか,
わがなのりけむ,[寛]わかなつけけむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました