万葉集2817番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2817番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2817番について

歌番号

2817番

原文

浦觸而|物者不念|水無瀬川|有而毛水者|逝云物乎

訓読

うらぶれて物は思はじ水無瀬川ありても水は行くといふものを

かな読み

うらぶれて|ものはおもはじ|みなせがは|ありてもみづは|ゆくといふものを

カタカナ読み

ウラブレテ|モノハオモハジ|ミナセガハ|アリテモミヅハ|ユクトイフモノヲ

ローマ字読み|大文字

URABURETE|MONOHAOMOHAJI|MINASEGAHA|ARITEMOMIZUHA|YUKUTOIFUMONO

ローマ字読み|小文字

uraburete|monohaomohaji|minasegaha|aritemomizuha|yukutoifumono

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

特に無し

寛永版本

うらぶれて,[寛]うらふれて,
ものはおもはじ,[寛]ものはおもはし,
みなせがは,[寛]みなせかは,
ありてもみづは,[寛]ありてもみつは,
ゆくといふものを,[寛]ゆくてふものを,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました