万葉集2673番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2673番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2673番について

歌番号

2673番

原文

烏玉乃|夜渡月之|湯移去者|更哉妹尓|吾戀将居

訓読

ぬばたまの夜渡る月のゆつりなばさらにや妹に我が恋ひ居らむ

かな読み

ぬばたまの|よわたるつきの|ゆつりなば|さらにやいもに|あがこひをらむ

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨワタルツキノ|ユツリナバ|サラニヤイモニ|アガコヒヲラム

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YOWATARUTSUKINO|YUTSURINABA|SARANIYAIMONI|AGAKOHIORAMU

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yowatarutsukino|yutsurinaba|saraniyaimoni|agakohioramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よわたるつきの[寛],
ゆつりなば,[寛]ゆつろへは,
さらにやいもに[寛],
あがこひをらむ,[寛]わかこひをらむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました