万葉集2379番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2379番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2379番について

歌番号

2379番

原文

見度|近渡乎|廻|今哉来座|戀居

訓読

見わたせば近き渡りをた廻り今か来ますと恋ひつつぞ居る

かな読み

みわたせば|ちかきわたりを|たもとほり|いまかきますと|こひつつぞをる

カタカナ読み

ミワタセバ|チカキワタリヲ|タモトホリ|イマカキマスト|コヒツツゾヲル

ローマ字読み|大文字

MIWATASEBA|CHIKAKIWATARIO|TAMOTOHORI|IMAKAKIMASUTO|KOHITSUTSUZORU

ローマ字読み|小文字

miwataseba|chikakiwatario|tamotohori|imakakimasuto|kohitsutsuzoru

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

みわたせば,[寛]みわたせは,
ちかきわたりを[寛],
たもとほり[寛],
いまかきますと,[寛]いまやきますと,
こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました