万葉集2656番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2656番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2656番について

歌番号

2656番

原文

天飛也|軽乃社之|齋槻|幾世及将有|隠嬬其毛

訓読

天飛ぶや軽の社の斎ひ槻幾代まであらむ隠り妻ぞも

かな読み

あまとぶや|かるのやしろの|いはひつき|いくよまであらむ|こもりづまぞも

カタカナ読み

アマトブヤ|カルノヤシロノ|イハヒツキ|イクヨマデアラム|コモリヅマゾモ

ローマ字読み|大文字

AMATOBUYA|KARUNOYASHIRONO|IHAHITSUKI|IKUYOMADEARAMU|KOMORIZUMAZOMO

ローマ字読み|小文字

amatobuya|karunoyashirono|ihahitsuki|ikuyomadearamu|komorizumazomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|地名|奈良県|明日香|歌垣|忍び妻|秘密|恋愛|序詞|植物

校異

特に無し

寛永版本

あまとぶや,[寛]あまとふや,
かるのやしろの[寛],
いはひつき[寛],
いくよまであらむ,[寛]いくよまてあらむ,
こもりづまぞも,[寛]こもりつまそも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました