万葉集2495番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2495番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2495番について

歌番号

2495番

原文

足常|母養子|眉隠|隠在妹|見依鴨

訓読

たらつねの母が養ふ蚕の繭隠り隠れる妹を見むよしもがも

かな読み

たらつねの|ははがかふこの|まよごもり|こもれるいもを|みむよしもがも

カタカナ読み

タラツネノ|ハハガカフコノ|マヨゴモリ|コモレルイモヲ|ミムヨシモガモ

ローマ字読み|大文字

TARATSUNENO|HAHAGAKAFUKONO|MAYOGOMORI|KOMORERUIMO|MIMUYOSHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

taratsuneno|hahagakafukono|mayogomori|komoreruimo|mimuyoshimogamo

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|枕詞|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

たらつねの,[寛]たらちねの,
ははがかふこの,[寛]ははのかふこの,
まよごもり,[寛]まゆこもり,
こもれるいもを[寛],
みむよしもがも,[寛]みるよしもかも,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました