万葉集2776番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2776番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2776番について

歌番号

2776番

原文

道邊|草冬野丹|履干|吾立待跡|妹告乞

訓読

道の辺の草を冬野に踏み枯らし我れ立ち待つと妹に告げこそ

かな読み

みちのへの|くさをふゆのに|ふみからし|われたちまつと|いもにつげこそ

カタカナ読み

ミチノヘノ|クサヲフユノニ|フミカラシ|ワレタチマツト|イモニツゲコソ

ローマ字読み|大文字

MICHINOHENO|KUSAOFUYUNONI|FUMIKARASHI|WARETACHIMATSUTO|IMONITSUGEKOSO

ローマ字読み|小文字

michinoheno|kusaofuyunoni|fumikarashi|waretachimatsuto|imonitsugekoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

特に無し

寛永版本

みちのへの[寛],
くさをふゆのに[寛],
ふみからし[寛],
われたちまつと[寛],
いもにつげこそ,[寛]いもにつけこそ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました