万葉集2473番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2473番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2473番について

歌番号

2473番

原文

菅根|惻隠君|結為|我紐緒|解人不有

訓読

菅の根のねもころ君が結びてし我が紐の緒を解く人もなし

かな読み

すがのねの|ねもころきみが|むすびてし|わがひものをを|とくひともなし

カタカナ読み

スガノネノ|ネモコロキミガ|ムスビテシ|ワガヒモノヲヲ|トクヒトモナシ

ローマ字読み|大文字

SUGANONENO|NEMOKOROKIMIGA|MUSUBITESHI|WAGAHIMONOO|TOKUHITOMONASHI

ローマ字読み|小文字

suganoneno|nemokorokimiga|musubiteshi|wagahimonoo|tokuhitomonashi

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|恋情|失恋|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

すがのねの,[寛]すかのねの,
ねもころきみが,[寛]しのひにきみか,
むすびてし,[寛]むすひてし,
わがひものをを,[寛]わかひものをを
とくひともなし,[寛]とくひとあらめや,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました