万葉集2674番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2674番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2674番について

歌番号

2674番

原文

朽網山|夕居雲|薄徃者|余者将戀名|公之目乎欲

訓読

朽網山夕居る雲の薄れゆかば我れは恋ひむな君が目を欲り

かな読み

くたみやま|ゆふゐるくもの|うすれゆかば|あれはこひむな|きみがめをほり

カタカナ読み

クタミヤマ|ユフヰルクモノ|ウスレユカバ|アレハコヒムナ|キミガメヲホリ

ローマ字読み|大文字

KUTAMIYAMA|YUFUIRUKUMONO|USUREYUKABA|AREHAKOHIMUNA|KIMIGAMEOHORI

ローマ字読み|小文字

kutamiyama|yufuirukumono|usureyukaba|arehakohimuna|kimigameohori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大分県|女歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

くたみやま[寛],
ゆふゐるくもの[寛],
うすれゆかば,[寛]うすらかは,
あれはこひむな,[寛]われはこひむな,
きみがめをほり,[寛]きみかめをほり,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました