万葉集2612番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2612番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2612番について

歌番号

2612番

原文

白細布<乃>|袖觸而夜|吾背子尓|吾戀落波|止時裳無

訓読

白栲の袖触れてし夜我が背子に我が恋ふらくはやむ時もなし

かな読み

しろたへの|そでふれてしよ|わがせこに|あがこふらくは|やむときもなし

カタカナ読み

シロタヘノ|ソデフレテシヨ|ワガセコニ|アガコフラクハ|ヤムトキモナシ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|SODEFURETESHIYO|WAGASEKONI|AGAKOFURAKUHA|YAMUTOKIMONASHI

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|sodefureteshiyo|wagasekoni|agakofurakuha|yamutokimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|女歌|恋情

校異

之->乃【嘉】【文】【紀】|而(塙)西

寛永版本

しろたへの[寛],
そでふれてしよ,[寛]そてをふれてや,
わがせこに,[寛]わかせこに,
あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,
やむときもなし,[寛]やむときもなき,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました