万葉集2743番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2743番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2743番について

歌番号

2743番

原文

中々二|君二不戀者|<枚>浦乃|白水郎有申尾|玉藻苅管

訓読

なかなかに君に恋ひずは比良の浦の海人ならましを玉藻刈りつつ

かな読み

なかなかに|きみにこひずは|ひらのうらの|あまならましを|たまもかりつつ

カタカナ読み

ナカナカニ|キミニコヒズハ|ヒラノウラノ|アマナラマシヲ|タマモカリツツ

ローマ字読み|大文字

NAKANAKANI|KIMINIKOHIZUHA|HIRANORANO|AMANARAMASHIO|TAMAMOKARITSUTSU

ローマ字読み|小文字

nakanakani|kiminikohizuha|hiranorano|amanaramashio|tamamokaritsutsu

左注|左註

或本歌曰|中々尓|君尓不戀波|留<牛馬>浦之|海部尓有益男|珠藻苅<々>

事項|分類・ジャンル

地名|滋賀県|比良|植物|恋愛

校異

牧->枚【類】【古】【紀】|鳥->牛馬【嘉】|苅->々【嘉】【類】【文】【細】

寛永版本

なかなかに[寛],
きみにこひずは,[寛]きみにこひすは,
ひらのうらの[寛],
あまならましを[寛],
たまもかりつつ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました