万葉集2747番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2747番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2747番について

歌番号

2747番

原文

味鎌之|塩津乎射而|水手船之|名者謂手師乎|不相将有八方

訓読

あぢかまの塩津をさして漕ぐ船の名は告りてしを逢はざらめやも

かな読み

あぢかまの|しほつをさして|こぐふねの|なはのりてしを|あはざらめやも

カタカナ読み

アヂカマノ|シホツヲサシテ|コグフネノ|ナハノリテシヲ|アハザラメヤモ

ローマ字読み|大文字

AJIKAMANO|SHIHOTSUOSASHITE|KOGUFUNENO|NAHANORITESHIO|AHAZARAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

ajikamano|shihotsuosashite|kogufuneno|nahanoriteshio|ahazarameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|滋賀県|塩津|序詞|恋愛|怨牫

校異

特に無し

寛永版本

あぢかまの,[寛]あちかまの,
しほつをさして[寛],
こぐふねの,[寛]こくふねの,
なはのりてしを,[寛]なはいひてしを,
あはざらめやも,[寛]あはさらめやも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました