万葉集2618番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2618番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2618番について

歌番号

2618番

原文

月夜好三|妹二相跡|直道柄|吾者雖来|夜其深去来

訓読

月夜よみ妹に逢はむと直道から我れは来つれど夜ぞ更けにける

かな読み

つくよよみ|いもにあはむと|ただちから|われはきつれど|よぞふけにける

カタカナ読み

ツクヨヨミ|イモニアハムト|タダチカラ|ワレハキツレド|ヨゾフケニケル

ローマ字読み|大文字

TSUKUYOYOMI|IMONIAHAMUTO|TADACHIKARA|WAREHAKITSUREDO|YOZOFUKENIKERU

ローマ字読み|小文字

tsukuyoyomi|imoniahamuto|tadachikara|warehakitsuredo|yozofukenikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

つくよよみ,[寛]つきよよみ,
いもにあはむと[寛],
ただちから,[寛]たたちから,
われはきつれど,[寛]われはくれとも,
よぞふけにける,[寛]よそふけにける,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました