万葉集2471番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2471番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2471番について

歌番号

2471番

原文

山代|泉小菅|凡浪|妹心|吾不念

訓読

山背の泉の小菅なみなみに妹が心を我が思はなくに

かな読み

やましろの|いづみのこすげ|なみなみに|いもがこころを|わがおもはなくに

カタカナ読み

ヤマシロノ|イヅミノコスゲ|ナミナミニ|イモガココロヲ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

YAMASHIRONO|IZUMINOKOSUGE|NAMINAMINI|IMOGAKOKORO|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

yamashirono|izuminokosuge|naminamini|imogakokoro|wagaomohanakuni

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|序詞|恋情|地名|京都

校異

特に無し

寛永版本

やましろの[寛],
いづみのこすげ,[寛]いつみのこすけ,
なみなみに,[寛]をしなみに,
いもがこころを,[寛]いもかこころを,
わがおもはなくに,[寛]われはおもはす,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました