万葉集2511番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2511番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2511番について

歌番号

2511番

原文

隠口乃|豊泊瀬道者|常<滑>乃|恐道曽|戀由眼

訓読

こもりくの豊泊瀬道は常滑のかしこき道ぞ恋ふらくはゆめ

かな読み

こもりくの|とよはつせぢは|とこなめの|かしこきみちぞ|こふらくはゆめ

カタカナ読み

コモリクノ|トヨハツセヂハ|トコナメノ|カシコキミチゾ|コフラクハユメ

ローマ字読み|大文字

KOMORIKUNO|TOYOHATSUSEJIHA|TOKONAMENO|KASHIKOKIMICHIZO|KOFURAKUHAYUME

ローマ字読み|小文字

komorikuno|toyohatsusejiha|tokonameno|kashikokimichizo|kofurakuhayume

左注|左註

右三首|以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

非略体|枕詞|女歌|奈良|地名

校異

消->滑【西(訂正)】【嘉】【文】【紀】

寛永版本

こもりくの[寛],
とよはつせぢは,[寛]とよはつせちは,
とこなめの[寛],
かしこきみちぞ,[寛]かしこきみちそ,
こふらくはゆめ[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました