万葉集2452番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2452番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2452番について

歌番号

2452番

原文

雲谷|灼發|意追|見乍<居>|及直相

訓読

雲だにもしるくし立たば慰めて見つつも居らむ直に逢ふまでに

かな読み

くもだにも|しるくしたたば|なぐさめて|みつつもをらむ|ただにあふまでに

カタカナ読み

クモダニモ|シルクシタタバ|ナグサメテ|ミツツモヲラム|タダニアフマデニ

ローマ字読み|大文字

KUMODANIMO|SHIRUKUSHITATABA|NAGUSAMETE|MITSUTSUMORAMU|TADANIAFUMADENI

ローマ字読み|小文字

kumodanimo|shirukushitataba|nagusamete|mitsutsumoramu|tadaniafumadeni

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

為->居【万葉考】

寛永版本

くもだにも,[寛]くもたにも,
しるくしたたば,[寛]しるくしたたは,
なぐさめて,[寛]なくさめに,
みつつもをらむ,[寛]みつつもれてむ,
ただにあふまでに,[寛]たたにあふまてに,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました