万葉集2376番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2376番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2376番について

歌番号

2376番

原文

健男|現心|吾無|夜晝不云|戀度

訓読

ますらをの現し心も我れはなし夜昼といはず恋ひしわたれば

かな読み

ますらをの|うつしごころも|われはなし|よるひるといはず|こひしわたれば

カタカナ読み

マスラヲノ|ウツシゴコロモ|ワレハナシ|ヨルヒルトイハズ|コヒシワタレバ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|UTSUSHIGOKOROMO|WAREHANASHI|YORUHIRUTOIHAZU|KOHISHIWATAREBA

ローマ字読み|小文字

masuraono|utsushigokoromo|warehanashi|yoruhirutoihazu|kohishiwatareba

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ますらをの[寛],
うつしごころも,[寛]うつしこころも,
われはなし[寛],
よるひるといはず,[寛]よるひるいはす,
こひしわたれば,[寛]こひしわたれは,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました