万葉集2569番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2569番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2569番について

歌番号

2569番

原文

将念|其人有哉|烏玉之|毎夜君之|夢西所見|[或本歌<曰>|夜晝不云|吾戀渡]

訓読

思ふらむその人なれやぬばたまの夜ごとに君が夢にし見ゆる|[或本歌曰|夜昼と言はずあが恋ひわたる]

かな読み

おもふらむ|そのひとなれや|ぬばたまの|よごとにきみが|いめにしみゆる|[よるひるといはず|あがこひわたる]

カタカナ読み

オモフラム|ソノヒトナレヤ|ヌバタマノ|ヨゴトニキミガ|イメニシミユル|[ヨルヒルトイハズ|アガコヒワタル]

ローマ字読み|大文字

OMOFURAMU|SONOHITONAREYA|NUBATAMANO|YOGOTONIKIMIGA|IMENISHIMIYURU|[YORUHIRUTOIHAZU|AGAKOHIWATARU]

ローマ字読み|小文字

omofuramu|sonohitonareya|nubatamano|yogotonikimiga|imenishimiyuru|[yoruhirutoihazu|agakohiwataru]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|夢|女歌|異伝

校異

歌【西】謌|云->曰【嘉】

寛永版本

おもふらむ,[寛]おもせけむ,
そのひとなれや[寛],
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よごとにきみが,[寛]よことにきみか,
いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,
[よるひるといはず,[寛]よるひるいはす,
あがこひわたる],[寛]わかこひわたる,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました