万葉集2833番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2833番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2833番について

歌番号

2833番

原文

葦鴨之|多集池水|雖溢|儲溝方尓|吾将越八方

訓読

葦鴨のすだく池水溢るともまけ溝の辺に我れ越えめやも

かな読み

あしがもの|すだくいけみづ|はふるとも|まけみぞのへに|われこえめやも

カタカナ読み

アシガモノ|スダクイケミヅ|ハフルトモ|マケミゾノヘニ|ワレコエメヤモ

ローマ字読み|大文字

ASHIGAMONO|SUDAKUIKEMIZU|HAFURUTOMO|MAKEMIZONOHENI|WAREKOEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

ashigamono|sudakuikemizu|hafurutomo|makemizonoheni|warekoemeyamo

左注|左註

右一首寄水喩思

事項|分類・ジャンル

動物|鳥|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あしがもの,[寛]あしかもの,
すだくいけみづ,[寛]すたくいけみつ,
はふるとも,[寛]まさるとも,
まけみぞのへに,[寛]まけみそかたに,
われこえめやも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました