万葉集2605番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2605番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集2605番について

歌番号

2605番

原文

玉桙之|道去夫利尓|不思|妹乎相見而|戀比鴨

訓読

玉桙の道行きぶりに思はぬに妹を相見て恋ふるころかも

かな読み

たまほこの|みちゆきぶりに|おもはぬに|いもをあひみて|こふるころかも

カタカナ読み

タマホコノ|ミチユキブリニ|オモハヌニ|イモヲアヒミテ|コフルコロカモ

ローマ字読み|大文字

TAMAHOKONO|MICHIYUKIBURINI|OMOHANUNI|IMOAHIMITE|KOFURUKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

tamahokono|michiyukiburini|omohanuni|imoahimite|kofurukorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|片思媿

校異

特に無し

寛永版本

たまほこの[寛],
みちゆきぶりに,[寛]みちゆきふりに,
おもはぬに,[寛]おもはすに,
いもをあひみて[寛],
こふるころかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました