万葉集2774番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2774番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2774番について

歌番号

2774番

原文

神南備能|淺小竹原乃|美|妾思公之|聲之知家口

訓読

神奈備の浅小竹原のうるはしみ我が思ふ君が声のしるけく

かな読み

かむなびの|あさぢのはらの|うるはしみ|あがおもふきみが|こゑのしるけく

カタカナ読み

カムナビノ|アサヂノハラノ|ウルハシミ|アガオモフキミガ|コヱノシルケク

ローマ字読み|大文字

KAMUNABINO|ASAJINOHARANO|URUHASHIMI|AGAOMOFUKIMIGA|KOENOSHIRUKEKU

ローマ字読み|小文字

kamunabino|asajinoharano|uruhashimi|agaomofukimiga|koenoshirukeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋愛|地名

校異

特に無し

寛永版本

かむなびの,[寛]かみなひの,
あさぢのはらの,[寛]あささのはらの,
うるはしみ,[寛]をみなへし,
あがおもふきみが,[寛]おもへるきみか,
こゑのしるけく,[寛]こゑのしるけく,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました